農業委員会の活動事例


 愛知県内の農業委員会では、それぞれの地域の実情に応じた「農地利用の最適化」に向けて、’醒呂陵用集積、⇒卦拉醒和从、新規就農者支援等について様々な取組が展開されています。その一部をここに紹介します


農業委員・農地利用最適化推進委員との連携強化  2022/11/02(水)
農地の利用集積に対する取組  2022/07/14(木)
新規就農・新規参入に対する取組  2022/07/14(木)
遊休農地解消への取組  2022/07/14(木)


農業委員・農地利用最適化推進委員との連携強化
◎2021年(令和3年)
【豊田市農業委員会】
 ▼地区農業委員会方式の導入(目標地図の素案作成に向けた取組)
             
Date: 2022/11/02(水)


農地の利用集積に対する取組
◎2022年(令和4年)
 ▼【名古屋市農業委員会】目標地図の作成に向けた先行的取組
                   (港区南陽町、中川区)
 ▼【みよし市農業委員会】水田作2法人による農地の集約化
 ▼【美浜町農業委員会】上野間地区における担い手の農地集約化

◎2021年(令和3年)
【新城市農業委員会】
 ▼菅沼集落における「地域まるっと中間管理」の推進
 ▼菅沼集落における「地域まるっと中間管理」の推進(事例発表)

◎2020年(令和2年)
【西尾市農業委員会】
 ▼機構関連事業の活用による農地集約(中根新田)
 ▼機構関連事業の活用による農地集約(中根新田)(事例発表)

◎2019年(令和元年)
【岡崎市農業委員会】
 ▼島坂地区における農地利用最適化の現場活動(事例発表)

◎2018年(平成30年)
【豊川市農業委員会】
 ▼「地域まるっと中間管理」による集落営農組織の法人化
                ((一社)ファーム長沢の里)
Date: 2022/07/14(木)


新規就農・新規参入に対する取組
◎2022年(令和4年)
 ▼【江南市農業委員会】新規就農者に対する就農後サポート
            (市庁舎での農産物直売を通じて交流促進)
 ▼【知立市農業委員会】市農地バンク制度を創設
 ▼【北名古屋市農業委員会】市農地バンク制度を創設

◎2021年(令和3年)
 ▼【幸田町農業委員会】地権者と就農希望者をマッチング
 ▼【豊川市農業委員会】新規就農支援制度と市農地バンクの取組
Date: 2022/07/14(木)


遊休農地解消への取組
◎2022年(令和4年)
【半田市農業委員会】
 ▼遊休農地解消に向けて企業と農業者をマッチング
【南知多町農業委員会】
 ▼遊休農地解消に向けて町農地バンク制度を創設

◎2021年(令和3年)
【半田市農業委員会】
 ▼遊休農地解消に向けて企業と農業者をマッチング
【岡崎市農業委員会】
 ▼タブレット端末を活用した農地パトロール
【豊田市農業委員会】
 ▼農地利用状況調査におけるドローンの活用(事例発表)
【みよし市農業委員会】
 ▼タブレット端末を活用した農地利用状況調査
 ▼タブレット端末を活用した農地利用状況調査(事例発表)

◎2018年(平成30年)
【田原市農業委員会】
 ▼中間管理事業を活用して遊休農地を再整備(事例発表)
               (和地太田地区)
Date: 2022/07/14(木)


現行ログ/ [1]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
000544
[TOP] [LIST]
shiromuku(pl)DIARY version 2.70